読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

pochi's diary

自由気ままな人生を送っているぽちの気まぐれ日記

ナイアガラ観光

前回続き、ナイアガラです。

さて、ナイアガラ観光といえば、カジノ!

ナイアガラはカジノが有名です。ナイアガラにはカジノが二箇所ありますが、

新しくできた、フォールズビューカジノが最近では賑わっています。中ではショーをやっていたり、軽くショッピングモールのようになっているので、カジノに興味がなくても楽しめるかと思います。

カジノではテーブルゲームのほか、海外ドラマのスロットマシーンなどもあり、海外ドラマ好きには楽しめるマシーンがたくさんあります。

私はsex and the city  とジュラシックパークと、バットマンのスロットマシーンに挑戦しました。

勝てませんでしたが、日本のスロットマシーンとは違って、ものすごい大きな液晶がついており、ムービーが流れるだけでもとても楽しめました。

マシーンをプレイ中には、係の方が飲み物持ってきてくれたりします。飲み物は無料ですが、サーブしてもらった際にはチップを1ドル程渡しましょう。

確か、こちらのカジノにはドリンクバーもあったと思いますので、チップを渡したくない場合には自分で取りに行くのがおすすめです笑

f:id:pochicanada:20170214204352j:plain

f:id:pochicanada:20170214204403j:plain

 

滝やカジノ付近にはたくさんのお土産やさんや、ゲームセンター、観覧車があります。この通りがクリフトンヒルです。

夜になるとこの辺の通りはライトアップされていてとても賑やかです。

昼頃歩いて、夜には滝のライトアップを見るついでにこの辺りも立ち寄ってみてはいかがでしょう。

クラブ遊びが好きな方にはドレスアップして来てみてもいいかもしれません。

f:id:pochicanada:20170214205228j:plain

 

ナイアガラ観光といえば、船!

以前私が住んでいた頃には、霧の乙女号というものがあり、それが大人気だったのですが、今は名前が変わっているようです。

現在はホーンブロワーナイアガラクルーズという船だそうです。

f:id:pochicanada:20170214210102j:plain

 

f:id:pochicanada:20170214210140j:plain

詳しくはこちらへ。

www.niagarajapan.com

 

ナイアガラ観光で私が一番お勧めしたいのは、ナイアガラオンザレイク観光です。

ナイアガラオンザレイクとは、ナイアガラフォールズから車で30分ほど離れた所にあります。

おしゃれなカフェや雑貨屋が並んでいる小さな町です。周りにはいくつかワイナリーもある、カナダでも有数のワインの名産地だそうです。

建物もイギリス調でとっても可愛いですよ。

f:id:pochicanada:20170214210832j:plain

交通手段がないのでレンタカーかタクシーになりますが、ワイナリーもあるのでタクシーのほうがいいかもしれません。

私はナイアガラフォールズより、のんびりした雰囲気のナイアガラオンザレイクのほうが好きです。

お時間に余裕のある方は是非是非行ってみてください。

 

 



 

ナイアガラの滝

この記事ではナイアガラの滝について書いていこうと思います。

ナイアガラの滝は、ナイアガラフォールズという街にあります。

f:id:pochicanada:20170214173947j:plain

ここへはカナダ1の大都市、トロントからのアクセスが便利です。

私は以前メガバスを利用してトロントーナイアガラ間を移動しました。

約2時間ほどで移動できます。通常片道$18ほどですが、以前利用した時はキャンペーン中でしたので、たった$1で利用することができました。

空いている時間帯にたまにセールで$1になっていることがしばしばあるので、ぜひチェックしてみてください。

Welcome to megabus Canada

 

f:id:pochicanada:20170214175105j:plain

 

または電車を利用していくこともできます。

VIA Rail Canada: Train travel in Canada

こちらは値段がバスの約倍くらいの値段になりますが、快適に移動されたい方はこちらの方がいいかもしれません。

f:id:pochicanada:20170214180225j:plain

こちらも約2時間でナイアガラフォールズに到着です。

 

電車、バスともに、ナイアガラフォールズダウンタウンに到着しますが、こちらは滝から少し離れています。

歩けない距離ではありませんが、初めての方で荷物がたくさんあるようであれば、タクシーで🚖いくことをお勧めします。

ナイアガラフォールズのダウンタウンは、閑散としていて人通りも少ないので、夜到着の方もタクシーをお勧めします。

ナイアガラフォールズはダウンタウンよりも滝周辺のほうにお店などが固まっています。

ダウンタウン付近はイタリア人の移民が多いようで、ジェラート屋さんなど、イタリアンのお店が多いです。最近ではダウンタウンを盛り上げようという運動が進んでいるようなので、もう何年か後に私も是非また行ってみたいと思っています。

 

ナイアガラの滝には二種類の滝があります。

f:id:pochicanada:20170214181350j:plain

こちらはアメリカ滝🇺🇸

 

f:id:pochicanada:20170214181424j:plain

こちらはカナダ滝🇨🇦です。

 

いつも写真になっているほうがカナダ滝です。

アメリカ滝からカナダ滝までは近そうに見えて意外と歩きますので、時間に余裕を持っていらしてください。

ちなみにここに橋があるのですが、ここの橋がレインボーブリッジです。

レインボーブリッジを渡れば、ちょっとした簡単な手続きだけでアメリカニューヨーク州に入れます。

記念に行ってみたいは是非!景色はカナダ側からの方が抜群にいいので、時間がない方は無理していかなくてもいいかと思います。

ちなみに、もしここまで自転車で来ようとしている方がいれば、注意!

私はアメリカ側に渡っているたった2時間くらいの間で自転車盗まれました笑

この辺は自転車の盗難が非常に多いので注意が必要です。

チェーンをしてても盗まれます笑

治安関しては問題ないので、自転車だけお気をつけください。

 

次の記事ではナイアガラ観光についてご紹介します。

カナダが誇る観光名所たち

今日はカナダのおすすめ観光スポット紹介します。

カナダは、アメリカ、フランスなどに比べると観光スポットはやや少ないですが、素晴らしい場所がたくさんあります。

 

まず、みなさんご存知、ナイアガラの滝。

f:id:pochicanada:20170213193414j:plain

f:id:pochicanada:20170213193431j:plain

 

カナディアンロッキー

f:id:pochicanada:20170213193933j:plain

f:id:pochicanada:20170213193946j:plain

f:id:pochicanada:20170213194003j:plain

 

ケベック

f:id:pochicanada:20170213194527j:plain

f:id:pochicanada:20170213194538j:plain

f:id:pochicanada:20170213194548j:plain

 

イエローナイフ

f:id:pochicanada:20170213194617j:plain

 

バンクーバーアイランド

f:id:pochicanada:20170213203004j:plain

 

カナダにもこんなにたくさんの観光スポットがあります。

各スポットの紹介はまた次回の記事にのせていこうとおもいます。

 

 

 

 

 

 

ワーキングホリデーでカナダをおすすめする理由!

すでにたくさんの方々がワーキングホリデーに来ているカナダですが、

ワーホリにカナダをおすすめする理由をまとめてみます。

f:id:pochicanada:20170212210501j:plain

  1. 日本から直行便の飛行機がある
  2. 英語の発音が聞き取りやすい
  3. 過ごしやすい気候
  4. 治安がいい
  5. 物価が高すぎない

 

f:id:pochicanada:20170212214305j:plain

直行便がある。

これはまぁ、他の国にも言えることですが笑

カナダは直行便に乗ってしまえば、日本から約8時間ほどでくることができます。

直行便だと大体の方はAirCanadaを利用にしているようです。

私もそうでした。

8時間と聞いて、長いと思う短いと思うかは人それぞれですが、ヨーロッパ諸国に比べたら短いですよね。

 

そしてカナダは英語の発音がとても聞き取りやすいで有名です。

私は他の英語圏にも旅行に行ったことがありますが、オーストラリア、アメリカ、イギリス、どこもアクセントがとても強いです。

特にオーストラリアは、人によってはまったく何を言っているか分かりませんでした。

英語これから勉強していこう!と考えている方にはカナダで英語を学び始めるというのはとてもいいことだと思います。

 

過ごしやすい気候。

カナダは、日本と同じように四季があります。

春には桜が咲き、夏は太陽が照りつけ、秋には紅葉が彩り、冬には雪が降ります。

冬は場所によっては氷点下30℃になったりもしますが、比較的に湿気が少なく、とても暮らしやすい気候です。

特に夏は日本と比べ物にならないくらいです。

私が住んでいた家ではクーラーがなくても快適に過ごせました。ただ、西陽などがすごい日には扇風機をつけたくらいです。

以前3年ぶりに日本の夏を体験した時は、あまりの湿気に顔中に汗疹ができてしまいました笑

日本の夏ももちろん好きですが、カナダの夏も負けないくらい好きです。

f:id:pochicanada:20170212212011j:plain

 

そして私の前回の記事にも書いていますが、治安がいいです。

ここ最近アメリカやヨーロッパ諸国でテロが相次いでいますが、それに比べればカナダはとても安全です。

新しい総理大臣になって、最近は難民をカナダ移民として迎えるとニュースが日本でも大変話題になっていますね。

少し心配ではありますが、このままカナダが変わらずずっと平和であって欲しいと祈るばかりです。

 

そしてカナダの物価。

カナダの物価は安い!とまでは言えませんが、日本よりやや高いくらいです。

私は以前オーストラリアのワーホリに行ったことがありますが、物価の高さにビックリ!

コンビニでペットボトルのジュースを買おうとすると、一本300円〜400円ほどかかってしまいます。

友達と遊んでいるときにちょっとアイスクリームでも食べようとするならば、一個1000円ほど。。

オーストラリアでは外でジュースを買ったりあまりしないようにしてました笑

それに比べれば、カナダは、まだまだ安いです。

特にコーラなどは安いですね。

あとはヨーロッパもものすごい物価が高いですね。

イギリスなどにワーホリに行った方などは最初は大変だったんではないでしょうか?

その点カナダはカナダドルも安いので、そこまでの貯金をして来なくても心配がないかと思います。

 

みなさん、ぜひカナダへ🇨🇦🇨🇦

f:id:pochicanada:20170212213418j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

ワーキングホリデーにもオススメ!ウィスラーブラッコム!

スノーボード好きなら一度は行ってみたい憧れのスキー場、ウィスラーブラッコム。

ここにはたくさんの日本人の方がいます。

観光客はもちろん、すでに移民している方や、ワーキングホリデーを利用してきている若者達がとても多いです。

ウィスラーがワーキングホリデーにも人気な8つの理由がこちら。

 

 

f:id:pochicanada:20170211211409j:plain

  • 治安がとても良い
  • 空港がある町からもほどよく近い
  • 日本人がたくさんいるので心配が少ない
  • かといってアジア人だらけというわけでもなく、英語も学ぶことができる
  • 北欧をイメージして作られた美しい街並み
  • 車がなくても簡単にスキー場に通うことができる
  • 日本食レストランが多数あるので、英語が喋れなくても職が見つけやすい
  • 色々なアクティビティが楽しめる

 

まず一つ目、治安がとても良い。

カナダは全体的に治安がとてもいい国で知られていますが、ウィスラーはその中でもとても治安がいいです。

街全体も綺麗に掃除されており、ゴミなどもあまり落ちていません。

ホームレスのおじさんが1人いましたが、完全にローカルの方で顔の知れている人なので、全然嫌な感じがありませんし、 みんながその人に向けて嫌な目を向けることもありません。

 私はウィスラーのそんなところがすごく好きですね。とにかくみんながフレンドリーで優しい!

f:id:pochicanada:20170212204653j:plain

 

二つ目、空港から近い。

車で一時間半の町、バンクーバーに国際空港があります。

日本への直行便もそこから出ています。

ウィスラーから空港までのバスも早朝からでており、もしも何かあった時はそのバスですぐに空港まで向かうことができます。

遠く離れた海外で暮らすと不安なこともありますが、空港が近いというだけで安心ですよね。

 

三つ目に書いた通り、日本人もたっくさん住んでいます。

町を歩いていると日本語が聞こえてくることもしばしば。

ただ、街自体は大きくないので、だいたいみんなと友達になれます笑。

ただ、外国人もたくさんいます。

バンクーバーなどはアジア系の方々が多くて有名ですが、ウィスラーは色んな国の観光客がいます。

特にオーストラリア人などが多いです。

そのため、四つ目の理由に書いた通り、英語を学ぶこともできます。

語学学校もいくつかあります。

 

五つ目

ウィスラーの街並みはとても美しいです。

その建物達は北欧をイメージし建てられたそうで、どれも可愛いです。

その周りを山々が取り囲む姿は圧巻ですよ。

 

f:id:pochicanada:20170212204614j:plain

六つ目

スキー場が近いです。スキー場へと登るゴンドラは、ウィスラー中心地に 二つと、中心地より南側に一つと計二つあります。

あと、中心地近くにリフトが一つあります。

そのゴンドラやリフトのすぐ近くにバス停があります。

市バスが15分に一本、朝などの忙しい時間帯などにはそれ以上の本数が走っています。

大体の人は約$65のバスパスを買い、毎日バスで通勤、スキースノーボードに通っています。

カナダは電車なども日本のようにないので車がないと不便ですが、ウィスラーはバスが早朝から深夜まで走っているので、車がなくてもなんの問題もありません。

 

七つ目

職が見つけやすい。ウィスラーには日本食レストランが七つほどあります。

それらのレストランは常に人手不足に陥っており、いつでも従業員の取り合い状態です。面接に行けばよっぽどのことがない限り採用されます。

なので、まだローカルのレストランで働くにはちょっと英語力が心配・・・という方は、とりあえずでも日本食レストランで働くという手段もあります。

 

八つ目 

ウィスラーにはスキー場だけでなく色々なアクティビティがあります。

登山、釣り、ハイキング、フルーツピッキング、キャンピング、ラフティング、ジップトレックバンジージャンプ、ロッククライミング、プール、アイススケート、カヌー、などなど。

書き上げたらキリがないほどです。

ウィスラーはスキー場が有名ですが、ローカルのみんなは口を揃えてウィスラーは夏がいいと言います。

ぜひ一年を通してウィスラーに訪れてほしいです。

 

f:id:pochicanada:20170211214338j:plain

 

 

 

 

Ski resort in Canada カナダのスキー場レポート

 

  

私はこれまで色々なスキー場にいってきましたが、 やはりカナダのスキー場は日本とは一味違います。

これまで行ったカナダのスキー場を紹介します。

 

 

 

 

グラウスマウンテン www.grousemountain.com/

レベルストーク www.revelstokemountainresort.com/

レイクルイーズ www.skilouise.com/

キッキングホース kickinghorseresort.com/

ウィスラーブラッコム www.whistlerblackcomb.com/

 

日本でも圧倒的に有名なのは、ウィスラーブラッコムですね。

しかし、そのスキー場ごとにいいところはたくさんあります。

 

まず、グラウスマウンテン。

f:id:pochicanada:20170208020903j:plain

ここはバンクーバーにあるので、交通の便がすごくいいです。

簡単に行けちゃいます。

平らなコースが多いので、初心者の方にはすごく滑りやすいです。

そしてここの一番の売りは、カナダでは珍しいナイター営業をやっているということ。

ナイターでここから見下ろすバンクーバーの夜景はまさに絶景。

ナイターのみのリフト券もあるので、カナダに来た際にはぜひ行ってみていただきたいです。

バンクーバー観光がてらにちょろっと行くだけでも楽しめます。

 

 

次にレベルストーク。

f:id:pochicanada:20170208015137j:plain

ここはツリーランがとても有名。

また、内陸なので雪もとても軽いです。

比較的空いているので、パウダーの次の日でもノートラックが残っていることもしばしば。

あの有名なのトラビスライス、世界のカズもわざわざ滑りに来ている程のスキー場。

最近は徐々に日本人も増えて来ており、街にもちらほらと日本食レストランができてきています。

ただ、交通の便が悪いところにあり、バンクーバーからの日帰りなどはまずできません。 最低でも二泊三日はかかるでしょう。

 

 

レイクルイーズ

f:id:pochicanada:20170208015204j:plain

ここも有名ですね。

以前滑りに行った時にも日本人集団が滑っているのを見かけました。

こちらも内陸なのとても雪が軽いです。

ただし気温も低いので、降っていない日はまるでスケートリンクのようにカッチカチ。笑

大きなスキー場ですが、人もなかなか多いです。

そのわりにゴンドラは小さいですね。

ただこちらは世界的観光名所のバンフなどからも近いので、観光ついでにくるにはとてもいい場所だと思います。

せっかくカナダで滑るならカナディアンロッキーがいい!って方にはぴったりのスキー場ですね。

カルガリー空港経由で行くのがオススメです。

 

 

キッキングホース

f:id:pochicanada:20170208010208j:plain

今回紹介する中では一番マイナーなスキー場といえるでしょう。

日本人もほぼいません。 また交通の便も悪いですが、カルガリー空港から直行のバスがでています。

カルガリー空港から約四時間。

その点はレベルストークよりかは便利な場所かと思います。

シャンパンスノーと言われるだけあって雪質は最高です。

斜度もあり、シュートなどが多いのもこのスキー場の売りかと思いますが、初心者の人にはやや難易度の高いスキー場です。

規模は小さいですが、混雑もそこまないのでパウダーの日でもノートラック食べ放題です。

しかし町がど田舎なので、他にすることはありませんが、ローカル感を味わいたい方にはもってこいだと思います。

 

 

 

ウィスラーブラッコム

f:id:pochicanada:20170208015311j:plain

言わずとしれた、北米NO.1に何度も選ばれているスキー場です。

規模も紹介したスキー場の中では圧倒的な広さ。

一日で全コースを滑るのはまず無理ですね。 しかし混雑も半端ないです。

パウダーの日に当たったりしたら、一時間ゴンドラで待つことも珍しくありません。

タイミングを逃せばノートラックをまったく滑れないでしょう。

ただスキー場が広いので、ローカルなどに聞けば穴場スポットはいくらでもあります。

内陸のスキー場に比べて雪が重いのが難点。もちろん軽い日もあります。

麓のウィスラーの町はすごく可愛いです。

物価はとても高いですが、スノーボードショップもレストランもたくさんあり、スノーボードが終わったあとも町散策を楽しむことができます。

日本人も各国の観光客もたくさんいるので、英語が喋れなくても困ることはほぼないかと思います。

 

 

 

いかがですか?行きたいスキー場は見つかりましたか?

 

 

pochi's diary

 こんにちは。ぽちです。

このたびブログを始めることになりました。

自分の趣味であるスノーボード、旅行についてこれから書いていこうと思います。

20歳でスノーボードにどっぷりはまり、某スポーツショップで働きながら週2回、通いで新潟や群馬の山々に通っていました。

スノーボードをし始めて次の年には、

新潟に移住→北海道→カナダと、自由気ままな人生送り続けてきましたが、

このたび真面目に就職して暮らしていこうと日本に帰国。

これまで様々なスキー場を滑り、様々な場所へ行ってきたので、その経験について書いていこうと思います。

お役にたてたら光栄です。

よろしくお願いします。

 

 

ぽち